クレーンショーケース

For Sale!
(C) 2008 Makoto Tsuruta / CRANE Home Page


フランスのギターの歴史と構造に関する文献「LA GUITARE」

 

商品名:フランスのギターの歴史と構造に関する文献「LA GUITARE」:著者 Sinier de Ridder(シニエ・ド・リデール)

譲渡希望価格: 36000円(送料・消費税込み) 限定1冊のみ 譲渡済み
新品/中古の区別:新品
備 考: フランス語や英語などが併記されています。日本語はありませんが写真と図説だけでも充分すぎるほど理解できます(私が保証します)。歴史的にも貴重な資料です。

写真1 写真2 写真3 写真4 




バックナンバー(過去記事)のコーナーにも掲載してありますが、非常〜〜〜〜〜〜〜〜に貴重な文献です。私は手持ちの文献には書き込みをする習慣があるので2冊買っておいたのです。できればまっさらな状態の1冊をとっておきたかったのです。しかしユーロの高騰で木材や資料の費用の捻出のために手放すことにしました。

フランス在住の海外のギター仲間(というより修復仲間かな?)のSinier de Ridderさん。2006年10月に発表された著書です。御存知のとおり世界的に知られる弦楽器の修復家で歴史的なギターやリュート修復の素晴らしい仕事をされています。とりわけフランスのギター族の楽器には注目。今回の著書は今までの仕事の集大成的なもので価値有る内容が期待されます、未公開の楽器がほとんど。第二弾も準備しており、計画ではシリーズとして全6巻ぐらいになりそうです。3カ国語に訳された入魂の1冊。VoboamファミリーからVuillaume、Pons、ラプレヴォット、グローヴェルやラコート、トーレス、そしてジェラやセルマー、ブーシェまで代表的なフランス系の名器が登場。修復家がペンをとるというまさに現場からの発信。非常に興味深い一冊です。全編フルカラーの写真にとどまらず各楽器の寸法まで出ています! これを読まずしてフランスのギターを語るべからず。このテの文献は発行部数が少ないだけにすぐに絶版になる傾向がありますが、古本になると名著であるほど定価の倍額以上になることもしばしば.... 出版されたそのときに買っておくべきです。第二巻以降も御注意あれ。


書名:The Guitar (LA GUITARE) [ Tome 1, Paris 1650-1950 ]
著者:Sinier de Ridder:ダニエル&フランソワーズ・シニエ・ド・リデール(フランス)
サイズ:24 x 34 cm
言語:50挺の楽器についてフランス語、英語、イタリア語で解説され200以上の写真と図が掲載されています。224ページ。
発売日:2006年10月
出版社:Publication for Mondomusica(イタリア:クレモナ)

価格:著者に直接尋ねたところ国際的には220ユーロ(約36000円)で流通とのことです。実際には日本での取扱いは皆無に等しく、あったとしても5万円近い価格が設定されています。


【著者のSinier de Ridderさんのサイト】
http://www.sinier-de-ridder.com


補足:ちなみに謝辞のページにワタクシ鶴田の名前も掲載されています。



 


 お問い合わせ・購入希望は受け付けページへ!

 


 (C) CRANE Home Page / SINCE 1995