弦選びのためのサンプル
(C) 2015 Makoto Tsuruta / CRANE Home Page
CRANE Home Page

    

今まで数本の田村ギターを入手しては売却を繰り返してきましたが、最終的に辿りついたこの木ペグの個体は素晴らしいです。コストパフォーマンスが語られることの多い GuitarraTamura ですが、個人的に実感できることは品質の高さです。欧米の評価ではタムラといえば「鳴るか割れるか」といわれてきたようですが、私に言わせればスペインのフラメンコギターにも決して劣らないと思います。アルカンヘルやコンデもいくつか弾いてきましたが、全てが良い楽器ではありません。鳴らない楽器もあります。ギター専門店のレビューやギター雑誌等の評価は必ずしもあてにならないことは明らかです。むしろ田村ギターは過少評価されているようにも感じます。田村兄弟の求めたギターの品質は国際的に考えても、思いの外、高かったのです(時代やモデルにより材や構造や装飾などに様々な違いは見られます)。幸い、数多く作られたので比較的状態の良いものも多く残っていますし、ヤフオク等でも安価に入手可能です。アタリの1本を見つけてガット(羊腸)弦を張って楽しみませう♪

 

   


 (C) CRANE Home Page / SINCE 1995